旧車マニア情報まとめ

ケンメリGT-Rに憧れてパンフレットを眺めては、ため息をついてました。 個性あふれる昭和の車には夢があった。 目を閉じるとエンジン音とともにあの頃の思い出がよみがえる。 昭和の良き時代に青春を送った私ですが今の若い方にもぜひ知ってほしい旧車の魅力と昭和の風景を今日の最新情報とともに発信して行きます。よろしくお願いします。

ホンダバイク 一覧


【旧車バイク人気250cc】ホンダ ジェイド CBX似?


ホンダ・CB > ホンダジェイド (オートバイ) ジェイド(JADE)は本田技研工業がかつて製造販売したオートバイである。 1991年3月8日発表、同月15日発売。型式名MC23。CBシリーズ排気量250ccクラスのネイキッドモデルでJADEは英語で翡翠(ヒスイ)を意味する。…
7キロバイト (668 語) - 2022年5月7日 (土) 12:28



CBXを開発時からかなり意識したモデルです。

ノーマル状態でもかなりCBXに近いですがカスタムパーツでより近くできます。

熱狂的なファンも多い大人気のバイクです。

中古車価格の相場は45万~60万円程度。

【【旧車バイク人気250cc】ホンダ ジェイド CBX似?】の続きを読む


【旧車バイク人気250cc】ホンダ ホーネット バツグンの扱いやすさ


ホンダ・CB > ホンダホーネット ホーネット(Hornet)は本田技研工業が製造販売するオートバイのシリーズ商標である。 ホーネットとは英語でスズメバチを意味し、モデルコードがCB+排気量+FのためCBシリーズに属するネイキッドタイプである。広義的にはかつて製造されていたモデルでは排気量250 cc・600…
37キロバイト (3,494 語) - 2022年10月6日 (木) 10:06



ホーネットは、250㏄の水冷4気筒ネイキットバイクでジェイドのあとを受け継ぐ形で発売された。

1996年登場、最高出力は40馬力ですが当時のホンダの最新技術が盛り込まれたCBR250RRのエンジンは吹き上りがよく扱いやすいと評価が高かったバイクです。

最近価格が上昇していますが数が多いのでこまめに調べれば掘り出し物もある可能性は高いです。

中古車価格の相場は40万~70万円ほど。

【【旧車バイク人気250cc】ホンダ ホーネット バツグンの扱いやすさ】の続きを読む


【絶版バイクおすすめ】ホンダ CBX400F レストア情報


ホンダ・CBX > ホンダCBX400F CBX400F(シービーエックスよんひゃくエフ)は、本田技研工業がかつて製造販売したオートバイである。本項では追加設定されたCBX400F INTEGRA(シービーエックスよんひゃくエフ インテグラ)、姉妹車のCBX400 CUSTOM(シービーエックスよんひゃくカスタム)・CBX550F…
19キロバイト (2,340 語) - 2022年11月23日 (水) 11:12



大人気だったCBX400Fの旧車市場もやはりかなり高く推移しています。

ですが販売台数自体は多いので、根気よく時間をかけて探せばまだまだ良好なコンディションを維持している価格も手頃な車両を探すことは充分可能です。

ホンダ系の旧車両はパーツは純正だけでなくカスタムパーツも豊富です。

レストアやコンディションをキープするにはピッタリの車両です。

【【絶版バイクおすすめ】ホンダ CBX400F レストア情報】の続きを読む


【絶版バイクおすすめ】ホンダ CB750F レストア情報


どの相違があるほか、型式名はドリームCB750FOUR-IIと同じくCB750Fとなる。なお海外向け仕様のみシート形状を変更した1978年モデル=通称K8が生産され、本モデルは終了した。 3要素1段2相形常時噛合式2段リターンホンダマチックオートマチックトランスミッション(変速の際のクラッチ操作が不…
29キロバイト (3,399 語) - 2022年11月23日 (水) 16:29



ホンダ CB750Fは、ボルドールなどの派生車種の多さと比較的長いモデルライフのため、中古車市場では比較的良好なコンディションのものが多数残っている。

大人気の車なのでCBのメンテナンスを得意とするショップも多く存在します。

もちろんレストアやメンテナンスを自分で行っても良いですが、どうしてもできない部分は、業者を使う事もできます。

【【絶版バイクおすすめ】ホンダ CB750F レストア情報】の続きを読む


【絶版バイクおすすめ】ホンダ ドリームCB400FOUR レストア情報


ホンダ・CB > ホンダドリームCB400FOUR DREAM CB400FOURドリームシービーよんひゃくフォア)は、かつて本田技研工業が製造販売したオートバイである。通称は、ヨンフォア、シーヨン、フォーワン等[要出典]。 本モデル以前の排気量350cc -…
10キロバイト (1,197 語) - 2022年11月23日 (水) 15:53



その当時、暴走族の車両として改造されている事が多い機種です。それにわずか3年の生産だったこともありノーマル車の状態の良いものは、非常に少なく価格もかなり高くなっています。

多くの場合かなり無理に使っている確率が高くそのため、オイル漏れなどもよくあるようです。

ですからレストアにはそれなりの労力と出費を覚悟しなくてはいけません。しかし都合いいことにパーツは純正・カスタムパーツも含め、比較的容易に入手することが可能です。

【【絶版バイクおすすめ】ホンダ ドリームCB400FOUR レストア情報】の続きを読む


【絶版バイクおすすめ】ホンダ XL250S レストア情報


ダウンする大幅なマイナーチェンジを実施。同年5月16日発表、同月17日発売で型式名L250の日本国内向け仕様が販売された。 1978年に後述するXL250Sへモデルチェンジされ製造終了。 いずれのモデルもベースとなった他車種と基本設計・コンポーネンツを共有する姉妹車である。詳細は各リンク先を参照。 XL…
21キロバイト (2,892 語) - 2022年5月7日 (土) 12:26



4年間でXL250Sは、8000台程が製造。

非常に少ない台数ですが、それでもまだまだ程度のいい状態が維持された中古車は存在しています。

オフロードモデルということもあり、本格的に使用していれば年式以上に足回りなどが傷んだ個体もあるのは当然ですが、幸運にもホンダの他の車両のパーツをXL250Sに流用できるものも多く、気合と情熱と根気さえあれば素人でもレストアやメンテナンス調整は可能です!

【【絶版バイクおすすめ】ホンダ XL250S レストア情報】の続きを読む


【ホンダ CB1100R ホンダ CB1100R RC RD】現役ライダーが乗ってみたい国産旧車 第6位


ホンダ・CB > ホンダCB1100R CB1100R(シービーせんひゃくアール)は本田技研工業が1981年から1983年に製造・販売した、排気量が1,062ccで、レースで使用することを想定したオートバイである CB900Fを元に開発され、1981年から1983年まで限定生産されたスポーツバイクである。…
6キロバイト (467 語) - 2021年12月8日 (水) 13:18



1980年代初頭のCBシリーズは、印象的なモデルを続々登場させてきましたがその中でもずば抜けて強烈なインパクトを放っていたのがCB1100Rです。

【【ホンダ CB1100R ホンダ CB1100R RC RD】現役ライダーが乗ってみたい国産旧車 第6位】の続きを読む


【ホンダ CB750 K0~K6】現役ライダーが乗ってみたい国産旧車 第7位


ホンダ・ドリームCB750FOUR ホンダ・CB-F - 本モデルと共通設計のCB750Fについて解説 ホンダCB750 - 本モデル以降に製造されたCB750の車名を持つモデル 型式名RC42 本田技研工業公式HP 2輪製品アーカイブ CB750K 750カスタムエクスクルーシブ CB750カスタム…
18キロバイト (2,057 語) - 2021年12月8日 (水) 12:57



CBシリーズのフラグシップモデル的存在として登場。

国内だけでなく海外でも高い評価を得ている。

その勢いに他メーカーも追従して”ナナハンブーム”を巻き起こした。

【【ホンダ CB750 K0~K6】現役ライダーが乗ってみたい国産旧車 第7位】の続きを読む

このページのトップヘ