旧車マニア情報まとめ

ケンメリGT-Rに憧れてパンフレットを眺めては、ため息をついてました。 個性あふれる昭和の車には夢があった。 目を閉じるとエンジン音とともにあの頃の思い出がよみがえる。 昭和の良き時代に青春を送った私ですが今の若い方にもぜひ知ってほしい旧車の魅力と昭和の風景を今日の最新情報とともに発信して行きます。よろしくお願いします。

マツダ 一覧

コスモ(英: Cosmo)は、マツダがかつて生産・販売していた乗用車である。 1967年5月に日本車初のロータリーエンジン搭載車として発売され、1972年の販売終了をもって一時的に絶版となるも1975年に復活。1990年には前年から展開されたユーノスブランドのフラッグシップモデル「ユーノス・コスモ
53キロバイト (6,871 語) - 2023年12月30日 (土) 00:16



RX-7やコスモAPのようなマツダのロータリーエンジン搭載車は、クラシックカーファンから絶大な支持を受けているのは納得です。その特異なエンジンサウンドと力強い走りは、他の車にはない魅力を持っています。マツダが累計200万台の販売を達成したことは、その技術の信頼性と魅力を証明していると感じました。

【「マツダの伝統を受け継ぐ愛車たちが登壇!RX-7やコスモAPに拍手喝采!」】の続きを読む

マツダルーチェ > マツダルーチェロータリークーペ ルーチェロータリークーペ(Luce Rotary Coupe)は、東洋工業(現・マツダ)が1969年から1972年まで製造・発売した前輪駆動の2ドアクーペである。開発コードはRX87。 1967年10月26日から開催された第14回東京モータ
13キロバイト (1,710 語) - 2023年11月26日 (日) 14:22



「マツダのロータリーエンジンは、革新的でありながらもトラブルが多かったとも言われていますが、ルーチェ・ロータリークーペではその信頼性も向上しているのでしょうか。気になるところです。」

【【旧車 車 カスタム】マツダ ルーチェロータリークーペ夢のドライブ!感激の一言! 】の続きを読む

コスモ(英: Cosmo)は、マツダがかつて生産・販売していた乗用車である。 1967年5月に日本車初のロータリーエンジン搭載車として発売され、1972年の販売終了をもって一時的に絶版となるも1975年に復活。1990年には前年から展開されたユーノスブランドのフラッグシップモデル「ユーノス・コスモ
52キロバイト (6,803 語) - 2023年7月4日 (火) 09:39



◎昭和の国産車のデザイントレンドについて興味深い記事でした。当時の日本の自動車メーカーは競争が激しかったので、個性的なデザインを追求しようとしていたのが伝わってきました。その結果、独特な曲線美やアメリカ風のデザインが生まれたんですね。

【【ヴィンテージカー 国産車】マツダ コスモAP人気は健在!レトロな魅力に夢中になる 】の続きを読む

ロードスター(ROADSTER)は、マツダが製造・販売するオープンタイプのライトウェイトスポーツカーである。 1989年5月にアメリカで発売され、日本国内では同年8月に先行予約を開始し、9月1日に発売された。当時のマツダは5チャンネル体制を敷いており、そのうちのユーノス店の第1弾車種として「ユーノス…
144キロバイト (20,232 語) - 2023年8月12日 (土) 23:52



ロードスターはスポーティでシンプルなデザインが魅力的ですね!ツーリングで走りながら風を感じるのが最高です。

【「ハマれる車種!3代目マツダ「ロードスター」の魅力を徹底解説」】の続きを読む

販売店系列はマツダオート店→マツダアンフィニ店の専売モデルだったが、モデル末期にはユーノス店が統合されたマツダアンフィニ店とマツダ店で販売された。 1978年3月30日に発表された。車両型式はSA22C、開発コードはX605。プラットフォームはマツダ・SAプラットフォームを採用している。…
41キロバイト (4,903 語) - 2023年10月10日 (火) 10:18



RX-7の復活を期待しています!ロータリーエンジンはマツダの象徴的なテクノロジーであり、そのサウンドやパフォーマンスは本当に魅力的です。新しいモデルがどんなデザインやスペックになるのか、ますます楽しみです。

【RX-7復活か?マツダが新たなアイコニックスポーツカーを発表】の続きを読む

RX-7(アールエックス-セブン)は、マツダが、過去に開発と製造販売していたスポーツカーである。 サバンナRX-3の後継として、サバンナRX-7(SAVANNA RX-7)の名で1978年3月に発表。1991年に行われた2度目のフルモデルチェンジを機に、マツダ
41キロバイト (4,944 語) - 2023年9月2日 (土) 22:46



安室透のマツダ・RX-7は、廃車になってしまったようですが、現在の値段はわかりません。ただ、3代目RX-7は人気が高く、中古市場でも高値で取引されていることが多いです。

【人気キャラの愛車!安室透のRX-7の値段は?】の続きを読む

RX-7(アールエックス-セブン)は、マツダが、過去に開発と製造販売していたスポーツカーである。 サバンナRX-3の後継として、サバンナRX-7(SAVANNA RX-7)の名で1978年3月に発表。1991年に行われた2度目のフルモデルチェンジを機に、マツダ
41キロバイト (4,944 語) - 2023年9月2日 (土) 22:46



安室透のマツダ・RX-7は、特徴的な見た目と高い性能で人気のある車でした。廃車になってしまったのは残念ですが、コレクターアイテムとしての価値が高いこともあり、希少な車として注目されています。

【なぜ廃車になった?安室透のマツダ・RX-7の現在の状態とは?】の続きを読む

RX-7(アールエックス-セブン)は、マツダが、過去に開発と製造販売していたスポーツカーである。 サバンナRX-3の後継として、サバンナRX-7(SAVANNA RX-7)の名で1978年3月に発表。1991年に行われた2度目のフルモデルチェンジを機に、マツダ
41キロバイト (4,944 語) - 2023年9月2日 (土) 22:46



安室透の愛車であるマツダ・RX-7は、3代目であるFDモデルと推測されています。このモデルは1991年から2002年まで生産されており、その斬新なデザインと高性能が評価されています。廃車になったのかどうかは情報がありませんが、コレクターの間では人気があり、それに伴い価格も高騰している可能性があります。

【レトロな魅力溢れる安室透の愛車、RX-7の詳細解説!】の続きを読む

このページのトップヘ