旧車 マニア がハマった! キャンプ飯 おすすめ ブログ

旧車マニアが新たな情熱を見つけたのは、自然の中で楽しむキャンプ飯。車を駆って訪れたキャンプ地での食事は、ただの食事以上のもの。昭和の旧車と共に旅した記憶が、味わい深いキャンプ飯とともに蘇る。このブログでは、旧車を愛するすべての人々に向けて、選りすぐりのキャンプ飯レシピをお届けします。自然の中で味わう、旧車マニアだからこそ推薦できる特別なレシピをご紹介。

セリカ

本項目では以下のモデルについても記述する。 セリカリフトバック セリカクーペ セリカコンバーチブル 通称は「ダルマセリカ」または「ダルマ」。由来は、当時としては珍しく、ボディがだるまのようにふくよかなため。また、スラントノーズのフロント部を正面から見ると、ラップアラウンドタイプのメッキバンパーがダルマ
68キロバイト (8,084 語) - 2023年9月17日 (日) 20:05



◎夏の夕暮れに広がるオレンジ色の空を見ていました。高級レストランの駐車場でお兄ちゃんが乗ってました!懐かしい車と再会して、過去の思い出がフラッシュバックした。

【【クラシックカー】トヨタ ダルマセリカ 乗った感じがノスタルジック!】の続きを読む

トヨタ・セリカ > トヨタ・セリカXX セリカXXセリカ ダブルエックス、CELICA XX)は、かつてトヨタ自動車が製造・販売していたクーペ型乗用車である。 6気筒車である日産・フェアレディZの成功に刺激された北米トヨタディーラーの要望により、4気筒車であるセリカの上級車種として6気筒エンジンを搭載することを主眼に開発された。…
14キロバイト (1,652 語) - 2023年8月23日 (水) 03:20



◎すべてのものが秋の日差しに照らされる心地良いその日。緑に囲まれた隠れ家のカフェの近くでおばあちゃんがハンドルを握ってました!昔にタイムスリップしたようでしばらく呆然と眺めてしまいました。

【【ヴィンテージカー 国産】セリカXX 大人気の旧車!歴史を振り返る 】の続きを読む

トヨタ自動車 > GR GR(ジー・アール)は、トヨタ自動車が2017年から展開しているスポーツブランド。TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ・ガズー・レーシング)についてもここで述べる。 トヨタ自動車の社内カンパニーであるGRカンパニー(GAZOO Racing Company)がGR
52キロバイト (5,598 語) - 2023年7月23日 (日) 17:24



セリカの8代目が北米市場から投入されるのは興味深いですね。これはトヨタが北米市場を重視している証拠と言えるのかもしれません。

【トヨタが8代目「セリカ」を北米市場から投入する計画か?】の続きを読む

本項目では以下のモデルについても記述する。 セリカリフトバック セリカクーペ セリカコンバーチブル 通称は「ダルマセリカ」または「ダルマ」。由来は、当時としては珍しく、ボディがだるまのようにふくよかなため。また、スラントノーズのフロント部を正面から見ると、ラップアラウンドタイプのメッキバンパーがダルマ
68キロバイト (8,158 語) - 2023年7月13日 (木) 02:02




【【昔の車 歴史】トヨタ ダルマセリカ 懐かしの旧車!人気再燃! 】の続きを読む

トヨタセリカ > トヨタセリカXX セリカXXセリカ ダブルエックス、CELICA XX)は、かつてトヨタ自動車が製造・販売していたクーペ型乗用車である。 6気筒車である日産・フェアレディZの成功に刺激された北米トヨタディーラーの要望により、4気筒車であるセリカの上級車種として6気筒エンジンを搭載することを主眼に開発された。…
13キロバイト (1,591 語) - 2023年6月9日 (金) 15:36



◎旧車を乗るときの注意事項 その3 エンジンを掛けてすぐに運転しない。旧車はキャブレター仕様の車が多くすぐの発進は、エンジンに負担をかけます。

【【昔の車 一覧】トヨタ 初代セリカXX話題のクルマについて詳しく解説! 】の続きを読む

本項目では以下のモデルについても記述する。 セリカリフトバック セリカクーペ セリカコンバーチブル 通称は「ダルマセリカ」または「ダルマ」。由来は、当時としては珍しく、ボディがだるまのようにふくよかなため。また、スラントノーズのフロント部を正面から見ると、ラップアラウンドタイプのメッキバンパーがダルマ
68キロバイト (8,154 語) - 2023年5月28日 (日) 03:05



「初代セリカ、懐かしいですね。私も同じような時期に高校生でしたが、ダルマセリカは憧れの車でした。レストアされたとのことで、どのようなパーツやカスタムをされたのか、詳細を知りたいです!」

【「1977年式トヨタセリカの魅力を再発見!愛称・ダルマセリカの魂を蘇らせる」】の続きを読む

セリカとしては初採用のスーパーストラットサスペンション装着モデルも用意された。スーパーストラットモデルのMTにはビスカスLSDが搭載され、オプションでスポーツABSも選択可能とし、更なるスポーツドライビングを実現した。2ドアクーペも用意され、アメリカやカナダ等の北米地域(アメリカ自治領含む)で販売された。…
68キロバイト (8,154 語) - 2023年5月28日 (日) 03:05



初代セリカXX(スープラ)の復刻を望む声は多いはずです。日産のフェアレディZに対抗するために開発された当時の性能やデザインは、今でも新鮮で魅力的です。80年代の限定車や特別仕様車の研究も、クラシックカー愛好家にとって興味深いものですね。

【日産フェアレディZに対抗した初代セリカXXが復刻の声が高まる!】の続きを読む

派生車種が数多く存在しており、登場当時からカリーナとは兄弟車種であったほか、前輪駆動化後はコロナともプラットフォームを共有するようになった。 本項目では以下のモデルについても記述する。 セリカリフトバック セリカクーペ セリカコンバーチブル 通称は「ダルマセリカ
68キロバイト (8,154 語) - 2023年5月28日 (日) 03:05



VintageClubbyKINTOの存在を知ることができてとても嬉しいです!初代セリカやMR2に乗ってみたいという夢が叶うなんて、素晴らしいですね。レンタル料金や条件など詳細情報が気になりますが、これから楽しみに情報を追っていきたいと思います。

【憧れの旧車が手軽に楽しめる!初代セリカやMR2がレンタルできる「VintageClubbyKINTO」とは?】の続きを読む

このページのトップヘ